容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

毎日すること

  1. 2009/11/05(木) 22:51:46|
  2. 歯の健康|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
予防医学は病気を未然に予防する事であると思われがちですが、もっと広い意味として怪我の防止及び身体的にも精神的にも健康の増進を図ることも含まれます。

予防医学とはそんなに難しいことではなく、日々の生活の中でできることで、例えば虫歯の予防も予防医学です。

きび酢
はダイエット効果も見込めるようですがね。

虫歯予防と言えば歯磨きが重要ですが、歯ブラシ以外の歯磨きグッズも多く開発されています。

普段から正しく歯を磨く習慣がついている方は、歯ブラシだけでも十分で、虫歯や歯肉炎などにはならないと思いますが、今は便利な歯磨きグッズもありますので、少し見て行きましょう。

☆インタースペースブラシ

普通の歯ブラシでは届きにくい部分が磨きやすいため、歯の矯正器具を付けている人には特に便利。毛先が筆ペンのような形をしている歯ブラシ。


☆デンタルフロス

柄のついた糸ようじと同じで、歯間の汚れを落とすもの。慣れないうちは、指を動かしやすい上の前歯からの方が使いやすいでしょう。両手を動かしてやさしくこする事で、歯ブラシでは取りきれない歯垢を簡単にとれます。


☆フッ素ジェル

虫歯予防には毎日継続して低濃度のフッ素ジェルを使うことで効果が得られ、家庭で使えるものは低濃度のもので、歯医者さんで購入できます。

高濃度のフッ素溶液が必要であれば、歯医者さんで塗布してもらえますので、三ヶ月に一回程度期的通うとより高い効果が得られます。

歯の健康は、エチケットです

  1. 2009/10/26(月) 11:23:05|
  2. 歯の健康|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
自分の歯の状態に常に気を配っている人は、虫歯や歯肉炎などの病気がいかに深刻かを解っている人と思いますが、その痛みは夜も眠れないほど耐え難いものですね。

その虫歯を防ぐことも予防医学のひとつと言えますが、正しく磨けている人は意外と少ないものです。

押切もえさんものんでしるきび酢は、基礎代謝が上がってダイエット効果もみこめるようです。

例えば歯ブラシを力いっぱい動かす人がいますが、実はこの磨き方では、歯ブラシを歯に強くあてすぎて毛の部分が開いてしまい、毛の先端で歯の表面を磨けていない為に、歯の表面の汚れは落ちていないのです。


表面の汚れを落とすには、一本ずつ磨くつもりで細かく歯ブラシを動かして、歯ブラシの毛を歯の面と垂直にあてるようにします。

ちょうど、鉛筆を持って小さな円を塗りつぶす様にして、二十秒位づつ歯を磨くのが理想です。

このようにしっかりと時間をかけて磨くと、結構な時間がかかるのですが、テレビを見ながら、など何かをしながら磨くと時間も気にならないでしょう。


日々のコツコツとした積み重ねが重要なのは予防医学の基本なので、しっかりと汚れを落とす正しい磨き方を身に付けて
、健康で丈夫な歯を維持しましょう。

DTIブログって?