容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

食事制限のいる糖尿病改善

  1. 2009/09/04(金) 14:56:55|
  2. 糖尿病について|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
生活習慣を改善して、健康な身体を作って未然に病気を防ぐことだけが予防医学ではなくて、病気になってしまった際、早期に適切な治療をして、それ以上症状を悪化させないようにすることも含まれています。

予防医学の分類では、糖尿病の食事療法などは後者にあたります。

糖尿病の患者さんは、インスリンがすい臓から分泌されるのが少なかったり、働きが弱かったりするので、食べ過ぎによってブドウ糖が増加し過ぎると処理しきれないようになる為、血糖値があがってしまい危険です。

そのため、糖尿病や高血糖の人は、血糖値をコントロールする必要がある為、摂取エネルギーを抑えることが大切です。

摂取エネルギーを抑えるという事は、基本的に食べてはいけないものが決まっているわけではなく、食品交換表等を利用して量と栄養バランスに注意をすることが大事です。


まんべんなく栄養を摂るために、主な栄養成分によって食品をグループ分けしてある食品交換表は非常に参考になります。

また、一単位を八十キロカロリーで表示しているので、カロリー計算も簡単です。

1日三食を規則正しい時間に摂ることが、血糖値の急上昇を抑え、すい臓の負担を軽減するには重要で、インスリン分泌のリズムを乱さない為にも、食事抜きやまとめ食べなどはやめましょう。

また、食物繊維は消化に時間がかかるので、血糖値の上昇がゆるやかになり血糖値をコントロールするのに有効ですので、きのこ類や海藻類、雑穀などを積極的に摂るようにしましょう

生活習慣病と運動 

  1. 2009/09/03(木) 09:47:43|
  2. 糖尿病について|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
生活習慣病の代表の様な病気としてある糖尿病の予防ですが、その治療方法として食事と運動に気をつけることは知られていますね。

運動をすることによって、余分なブドウ糖を消費して血糖値を下げやすくします。

運動をする上での注意点としては、血糖値が食後三十分から一時間後に高くなるため、この間に運動をすればインスリンの働きを補助し、血糖値コントロールがしやすくなるので、ウォーキングや体操などを行なうと効果的です。

もちろん、これらの運動は生活習慣として毎日続けていかないと意味がありません。

内臓脂肪が多すぎる人は糖尿病を発症しやすいのですが、毎日する少しずつの運動には、悪い習慣の中でからだに蓄積された内臓脂肪を減らすのにも効果的です。


既に糖尿病になっている方の注意点としては、運動によって低血糖を起こしやすい為、あめやチョコレートを持ってウォーキングに出ると、血糖値が運動によって下がりすぎるのを防げる為に良いでしょう。

病気になってしまった病院にいって診察をうけるだけではなく、更なる重症化を自分で防ぐ様な努力や、再発防止のために正しい食事や運動などの生活の改善をすることが、自分の身体を守るために自分でできる大切はことです。

DTIブログって?