容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

眼精疲労について

  1. 2009/09/17(木) 10:12:30|
  2. 眼精疲労について|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
パソコンを仕事で使う方は、一日の半分程度の時間、パソコンの画面を見ている方もいるかと思いますが、その中には目がしょぼしょぼしてピントが合わない様な経験をしたことのある方も多いでしょう。

仕事や日々の生活に必要なことなので仕方ありませんが、疲れ目のリスクの多い現代人は、同じ画面を見続ける事で瞬きのの回数が減ってしまい、目の疲れをさらに強めるドライアイの症状を引き起こしてしまいます。

また、目が疲れが進行すると、吐き気や頭痛、肩こりや食欲不振など全身症状につながります。

目の奥のほうに痛みを感じる程度の目の症状であれば、軽いうちに目を休ませることで回復できるので、予防医学としては、こういった全身症状が出る前に目の疲れは治しておきたいものです。

また、眼鏡やコンタクトレンズの度数が合わないまま使っている方なども、それが疲れ目の原因になっていることがあるため、定期的に眼鏡やコンタクトレンズの度数を調整することが必要です。

予防医学の重要性が改めて認識されている現在、たかが目の疲れだと軽く見ないで、それが全身症状を招いてしまう前に目を休ませてあげて、全身の大きな病気に進行しないように努めましょう。

目の老化を防ぐ為に

  1. 2009/09/16(水) 10:24:19|
  2. 眼精疲労について|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
日本でも高齢化が年々進んでいて、医療関係者だけでなくても予防医学の大切さが認識されてきています。

人間は誰でも年をとって身体が老化してくると、身体のあちこちが弱ってきて、若かった頃みたいには動かせなくなってくうるものです。

老化してくること自体は仕方のないことですが、予防医学を実践していく事で、年をとってもできるだけ元気でいることができます。

年とともに骨や筋肉がに衰えてきますが、同時に目の老化も進んできます。

目の中の水晶体が濁って起きる白内障等がありますが、人間の目は必要以上の光を受けてしまう事で、活性酸素が発生して老化を進めてしうので、紫外線などの光刺激からサングラスを着用するなどして、目を守る必要があります。

また、ルテインという成分が水晶体や黄斑部に多く存在するのですが、サングラスと同じように紫外線を防ぐ働きがある為、ブロッコリーやほうれん草等のルテインを含む食品を積極的に摂ることが、目の老化予防に効果的です。

最近では、ルテインを多く含む食べ物を毎日気を付けて摂取することで、黄斑変性症や白内障になる率は軽減されるという研究結果もあります。

ルテイン自体は人間の身体の中で作ることができないため、ルテインが多く含まれるサプリメントや食品から積極的に摂りましょう。

現代人に多い疲れ眼について。

  1. 2009/09/15(火) 13:22:11|
  2. 眼精疲労について|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
現代人には、仕事やプライベートを含めて必要不可欠な物となっているパソコン、携帯電話でのメールですが、メールは目と指を酷使してしまいます。

特に携帯電話はどんな場所にいても使えるので、ついつい暗い部屋でもメールチェックをしている人が多くなるのですが、特にこのような場面では画面と目の距離が近くなりがちで、疲れ目を起こしやすくなってしまいます。

目の疲れが進むと、次はだんだんと頭痛や肩こりなどの全身的な症状を引き起こしまう為、普段から目を疲れさせない使い方を心がけてる事が大事です。

暗い部屋では特に周囲よりも画面の方が明るくなるため、テレビを見たり、携帯電話を操作したりする事で、画面の光が強い刺激となって目を疲れさせますのいで、目に余計な負担をかけないためにも部屋は明るくして見てください。

その他に、タバコの煙が目に入ると、それを流すために涙が使われてしまい、ドライアイの症状を強めるなど、目に悪影響を及ぼします。

どれも少しの気配りで目への負担を軽減できることなので、目の健康のためには面倒がらずに、日ごろからの予防医学を実践してみましょう。

DTIブログって?