容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

歯の健康は、エチケットです

  1. 2009/10/26(月) 11:23:05|
  2. 歯の健康|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
自分の歯の状態に常に気を配っている人は、虫歯や歯肉炎などの病気がいかに深刻かを解っている人と思いますが、その痛みは夜も眠れないほど耐え難いものですね。

その虫歯を防ぐことも予防医学のひとつと言えますが、正しく磨けている人は意外と少ないものです。

押切もえさんものんでしるきび酢は、基礎代謝が上がってダイエット効果もみこめるようです。

例えば歯ブラシを力いっぱい動かす人がいますが、実はこの磨き方では、歯ブラシを歯に強くあてすぎて毛の部分が開いてしまい、毛の先端で歯の表面を磨けていない為に、歯の表面の汚れは落ちていないのです。


表面の汚れを落とすには、一本ずつ磨くつもりで細かく歯ブラシを動かして、歯ブラシの毛を歯の面と垂直にあてるようにします。

ちょうど、鉛筆を持って小さな円を塗りつぶす様にして、二十秒位づつ歯を磨くのが理想です。

このようにしっかりと時間をかけて磨くと、結構な時間がかかるのですが、テレビを見ながら、など何かをしながら磨くと時間も気にならないでしょう。


日々のコツコツとした積み重ねが重要なのは予防医学の基本なので、しっかりと汚れを落とす正しい磨き方を身に付けて
、健康で丈夫な歯を維持しましょう。

自己管理の重要性

  1. 2009/10/12(月) 10:56:00|
  2. 健康のために|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
予防医学をする意味としては、病気を未然に防ぐことだけでなく、実際に病気になったあとでもその進行を遅らせたり、抑えていく予防になることや、健康を保ち、病気の再発を防ぐことが挙げられます。

このことに基づき、一次予防、二次予防、三次予防に予防医学は分類されています。

まず、一次予防としては、病気にならない身体作りをする事がありますが、日々の生活習慣を見直して改善していき、健康的な身体の状態を維持して病気を寄せ付けない様にしましょう。

次に二次予防として、実際に病気になってしまった際に、その病気を早い段階に定期健診等で発見して、適切な治療や生活改善を行って、病気が進行することを防ぐことになります。

最後の三次予防では、病気を治療する際の、リハビリテーション訓練などにより、機能を回復させながら、その病気を再発させる事を防いでくことになるます。

がん予防についていうと、一次予防としては禁煙したり、食生活を改善することがありますが、二次予防としては、検診を受けて、早い段階で癌を発見する事になります。

つまり一次予防、二次予防として大事な事は、各自が自分自身が普段から健康に意識して取り組む事です。

重大な病気を予防するには、日ごろからの病気にならないための努力に伴い、万が一病気が発生した際にも、治せる早い時期に発見する努力をそれぞれがすることが重要です。

  1. 2009/10/07(水) 13:20:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
和食中心の食生活をしたり、毎朝のウォーキングを欠かさない人等、各自の工夫で健康を守っている事でしょう。

高齢化も進む中、このような健康志向と共に予防医学の大切さが意識されています。

癌・心疾患・脳血管疾患が、日本人の死亡原因の上位にあるのですが、生活習慣病は正しい知識を持って、日頃の生活習慣を改める事で、多くの場合防ぐことができるものです。

未然に病気を防ぐという予防医学が勧められているのはその為です。

また、予防医学としては、直接命にかかわる様な大きな病気を予防する為だけではなく、虫歯等の、健康的な生活を送る妨げとなる様な症状を防ぐために取り組むことも大事です。


少子高齢化が進む現在、今元気な世代の多くの人たちが高齢を迎えたときに、国や誰かが自分のお世話をしてくれる、と頼っていては通用しない世の中がくると思われます。

医療費の自己負担額も今後も上がっていくことが予想されますし、実際病気になってから治療費にお金を費やすよりも、予防医学で未然に病気を防ぐ事で、健康的に余暇を楽しむお金を費やした方が楽しいに決まっています。

世の中には健康に関するさまざまな情報が溢れていますので、その中から最も自分の健康に合っていて、必要な事を見極めて毎日の生活に取り入れていきましょう。

煙の被害

  1. 2009/10/03(土) 22:30:38|
  2. がん予防について|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
たばこが人間の身体に多くの悪影響を与える事は、予防医学について意識が無い人でも、おそらく多くの人が解っている事実です。

たばこと聞いて思い浮かぶ病気に癌がありますが、禁煙は、もっとも確実な予防医学としてのがん予防になります。

喫煙者は、そうで無い人に比べ、約1.5倍も癌になる確率が高くなるのですが、中毒性が高いために止めるのは困難ですね。

しかし、タバコを吸う本人の問題だけではなく、吸わなくても周りにいるだけで煙を吸ってしまう家族などにも同じように癌のリスクを負わせている事も事実です。

タバコを吸わない人でも、例えば結婚した相手が喫煙者であった場合に、そうでない人に比べると肺癌になる確率が数倍に膨れ上がります。


禁煙する事は、がんの予防だけに留まらず、糖尿病を含めて呼吸器系や循環器系の疾患などの、様々な病気予防に関係してきます。

妊娠中にたばこを吸っていた母親から生まれた赤ちゃんは、母親のお腹の中にいる頃からニコチンを運んでいたお母さんからの血液がストップしてしまうため、出産と同時に禁断症状を起こしてしまい、生後数日で哺乳力が弱くなる事ことがあるそうです。


そういった事が色々と潜んでいるのがタバコの害なので、母親だけでなく、周りにいる方もタバコは控えるようにしましょう。

DTIブログって?